医師向けビジネスローン☆徹底リサーチ

Home > 医師向けビジネスローンについて > 医師が活用しているビジネスローンと繰り上げ手数料の注意点

医師が活用しているビジネスローンと繰り上げ手数料の注意点

 多くの医師の方々は、しばしばビジネスローンで資金を調達しています。
公的融資などと異なり、比較的スピーディーにお金を借りられるメリットがあるからです。
ところでローンでお金を借りたい時は、手数料は軽視できません。
金融会社は、それぞれ手数料の数字は異なります。
その数字が比較的高めな金融会社もあれば、その逆もあります。
全体的に、銀行は手数料は低めです。
ノンバンクと比べると金利が低めに設定されていますので、多額融資を検討している方々は、しばしば銀行に申し込みをしています。
なお銀行の場合は、審査は若干厳しめになります。
複数の金融会社が審査を行う都合上、どうしても厳しくなる訳です。
その代わり手数料は低めになりますから、ノンバンクでなく銀行で申し込みしている方々も多いです。

 ところでローンで借りている多くの医師の方々は、しばしば支払う金額を低く抑えたいというニーズを抱えています。
その場合は、繰り上げ返済という方法があります。
そもそもビジネスローンは、必ず返済期日が設定されます。
その期日の少し前に、早めに返済するやり方もあります。
例えば毎月の25日に返済する事になった場合は、その25日にはお金が自動的に引き落としされる訳です。
ところが月によっては、資金の余裕が生じる事もあります。
その場合は25日を待つのではなく、5日や10日など早めのタイミングで返済する選択肢があります。
というのもローンの支払い額は、借入期間に左右される傾向があります。
長期的に借り続けていると、金融会社には多くのお金を支払う事になります。
返済期間を短くしたいなら、上述の5日や10日に返済するのはおすすめです。

 つまり繰上げ返済してみる訳です。
繰り上げを行えば、元金も比較的早く減る傾向がありますし、選択肢としては悪くありません。
ただし繰上げ返済に関する手数料は、注意が必要です。
とりわけ銀行のローンを利用する時には、繰り上げ手数料はよく確認しておく必要があります。
というのも銀行ですと、繰上げ返済する時に手数料が徴収されてしまう事も多く、ややまとまった金額になるケースも多いです。
現にある銀行の場合は、繰り上げ返済を1回実行する度に数万円の手数料が徴収されるルールになっています。
しかし「全て」の金融会社で繰り上げ手数料が発生する訳ではありません。
金融会社によっては、敢えて繰上げ手数料が無料に設定されている事もあります。
ですから多くの医師の方々は、金利手数料だけでなく繰り上げ手数料にも注目しています。

次の記事へ

カテゴリー