医師向けビジネスローン☆徹底リサーチ

Home > 医師向けビジネスローンについて > 医師のビジネスローンの審査の通りやすさと融資希望額

医師のビジネスローンの審査の通りやすさと融資希望額

 医師として開業すると、色々お金が必要です。
医療機器も揃える必要がありますし、運転資金を確保したいというニーズを抱えている医師は多いです。
その資金を調達する為に、ビジネスローンが活用されているケースは多いです。
銀行やノンバンクなどに申し込みをしてお金を借りる訳ですが、それには審査があります。
審査では、基本的には返済能力を見られる事になりますから、決算書なども提出する事になります。
金融会社がその書類を確認してみて、特に問題無いと判断されれば、お金を借りられる訳です。
しかしビジネスローンは、必ずしも審査に通るとは限らず、否決になってしまうケースもたまにあります。
なぜ審査で落とされてしまうかというと、融資希望額が少々大きいケースがあります。
確実に借りたい時は、希望額を少々低めにする選択肢もあります。

 ビジネスローンの審査のハードルの高さは、借入希望額に左右される傾向があって、基本的には数字が大きいほどハードルが高めになります。
例えば100万円の融資を受けるよりは、300万円の融資を受ける方が、ややハードルは高くなる訳です。
なぜ金額が大きい時のハードルは高くなるかというと、金融会社に対するリスクです。
大きな金額を貸し出すのは、金融会社にとってもリスクが大きくなりますから、それなりに審査も厳しく行う傾向があります。
万が一貸し倒れの状態になってしまうと、金融会社としては損失を被る可能性もあるので、希望額が大きいと審査のハードルも高くなる訳です。
ですからビジネスローンで少額融資の申し込みをしてみると、審査には比較的通りやすくなる傾向はあります。
そこで、あえて金額を低めにしてみる選択肢も浮上する訳です。

 そもそも医療機器を購入するにしても、できれば現金を用意しておく方が無難です。
例えば医療機器の販売価格が300万円の時は、その300万円を全てローンで支払うというより、むしろ一部分は現金で支払う方が無難な傾向があります。
120万円だけは現金で支払えば、残り180万円になります。
ビジネスローンでは、敢えてその180万円という希望額で申し込んでみる訳です。
300万円で申し込みをするよりは、明らかに審査が通りやすくなるからです。
また申し込み希望額を低めに設定しておく方が、そもそも元金も低くなります。
元金が低い状態になれば、ローンの毎月返済額も低くなりますし、負担額を低く抑えられる事もできます。
ですからローンの申し込みをしても審査に通りづらいと見込まれる時は、敢えて融資希望額を低めに設定してみると良いでしょう。

カテゴリー