医師向けビジネスローン☆徹底リサーチ

Home > 医師向けビジネスローンについて > 医師のビジネスローンの申込みから入金までの4段階の流れ

医師のビジネスローンの申込みから入金までの4段階の流れ

 医師がビジネスローンでお金を調達したい場合、まず申し込み手続きを済ませる必要があります。
申し込みしてから入金されるまでの流れは、下記の通りです。
まず1段階目は、金融業者への連絡です。
銀行で申し込みをするなら、店舗に訪問する必要があります。
銀行の窓口で声をかけて、ビジネスローンで借りたいという旨を伝える訳です。
店舗だけでなく、WEBや電話などの方法もあります。
多くの医師の方々は、WEBで申し込みしている傾向があります。
普段の業務が忙しいからです。
申し込み時には、金融会社に対して申し込み用のデータも送付する事になります。
その際、決算書などの色々な書類も提出すれば、2段階目の仮審査に進む訳です。
なお電話申し込みですと、やや時間がかかる事が多いです。
多数の項目を口頭でヒアリングするので、少々時間がかかります。
手短に済ませたい時は、WEBもしくは実店舗申し込みがおすすめです。

 2段階目ですが、金融会社からの結果通知になります。
ただし結果が通知されるのは、基本的には二段構えになります。
というのもビジネスローンの審査には、2段階あります。
仮審査と本審査という2つの種類があって、まずは仮審査の結果が伝えられる訳です。
仮審査の結果が伝えられるスピードは非常に速く、ノンバンクならば申し込み当日に結果が伝えられる事も多いですが、銀行ですと翌日になるケースがあります。
後述する本審査と比べると、とてもスピーディーです。
本審査は数日かかる事も多いからです。
というのも仮審査は、基本的には機械やシステムで審査を行っているからです。
コンピューターで処理をする都合上、本審査よりも早く結果が出る傾向があります。
ちなみに仮審査の結果が伝えられるのは、電話もしくはメールになります。
ただし実店舗申し込みの場合は、店舗で仮審査の結果が伝えられるケースが多いです。

 そして3段階目は、本審査の結果通知です。
本審査の結果が出るのは、ノンバンクですと翌営業日になる傾向がありますが、銀行は数日ほどかかる傾向があります。
銀行は数段構えで審査を行っている都合上、どうしても時間がかかる訳です。
4段階目は、ビジネスローンの契約手続きになります。
金融会社からは、必ずローンの詳細が明記された書類が発行されますから、まずはその書類に一通り目を通します。
契約に関する内容も色々書かれていますから、よく内容を確認して捺印する訳です。
そして契約手続きが完了すれば、最終的には融資額が入金される事になります。
大抵の金融会社では、銀行振り込みになります。
ですからビジネスローンの審査結果が出るのは、ノンバンクは翌日目安になりますが、銀行は数日かかる事が多いです。

次の記事へ

カテゴリー